ブログ

膝を安定させるセルフケア・北九州 整体

健康コラム

2018/03/21 膝を安定させるセルフケア・北九州 整体

ランナーにとっても、スキーヤーにとっても、・・『脚』を使う全てのプレイヤーにとって ”膝 の安定はとってもだいじ!!

 

私がスキーヤーだった頃・・まったく膝が安定してなくて X脚になって エッジがズレズレ・・ ズレズレだから 膝が x になる

 

一番初めにスキーに乗ったとき、スキーをハの字に開いて、雪面にスキーの側面の角(エッジ)が当たる様にして

ズレ(雪面を削る)を使ってブレーキをかけて止まる、コントロールすることを教えます。

 

次にズレながら左右交互にに重心を乗せて 回転することを教えます。

 

初心者や修学旅行生はここまでできたら、リフトに乗せて、どんどん滑らせます。

 

初心者はスピードをコントロールするためには、ひたすらズレなければなりません

 

さて、ズレるための スキーの角づけはどこの関節でおこなうのか??   これすごく大事!!

 

雪面に一番近い関節は足首ですが、カッチカチのスキー靴で固められているので足首は無理

次に近いのが 膝です。  なので、膝で処理してしまいます。

 

でもこれ、膝に負担をかけてしまいます。 膝から下だけでは 弱いのです。

 

 

さて、ここからが本題です・・(笑)

 

 

ピラティスを習って 先生に言われた言葉・・「膝で膝を使わない!!」

 

膝はジョイント部分であって 始動するところ、スイッチを入れるところは 別にあります。

 

歩く、走る、角付け(エッジング)する、その瞬間に自動的に入るべきスイッチは、 座骨の下、ハムの付け根です。

ここにスイッチが入ると、内転筋、母趾球と繋がり、膝は安定します。

 

逆に言えば、ここにスイッチが入らないから 膝が安定しないのです。

 

スキーヤー時代にこのことを知っていたら・・もう少し上手くなったかも・・

 

%e8%86%9d

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

過去記事で紹介していた ベビーまぐちゃん

洗濯洗剤を使わない、エコで地球環境、お肌にも優しい 選択の方法、実践しています。

今のところ、不満はないです。以前、洗剤を使用していた時と変わらないですが、

柔軟仕上げ剤も使わないので、若干、バスタオルが 硬くなるかな・・

気になるときは、ほんの少し入れます。そうすると今度はその柔軟剤の匂いが気になる(笑)

アロマオイルが良いかもです・・

ベビーまぐちゃんのサイトはこちらです。

https://campain.magchan.com/?magid=mag0053

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Kumiko fitness
場所:福岡県北九州市八幡東区
電話番号:090-7651-7000

TOP