ブログ

フルマラソン後のセルフ整体・北九州

健康コラム

2018/02/22 フルマラソン後のセルフ整体・北九州

今週の日曜日「北九州マラソン」完走しました。

前回よりも10分程速く走ることが出来ました。

あれやこれや考えながら、模索しながら走ったりしておりましたが

時間を短縮できた一番の要因は・・これです

 

GPS機能搭載ウオッチ 「WristableGPS」 SF-850PB(ブラック)

速度を見ながら走れたことです

勿論、この時計の写真は私のラップではありませんが(笑)

 

走り終わって3日目 筋肉痛もかなり収まり、階段の上り下りもだいぶ楽になりました。

走り終わった直後の筋肉痛は・・・かなりやばかったです

 

さて、今回どこの筋肉が一番疲労したかというと、「太もも」です。

特に、大腿筋膜張筋、縫工筋、大腿直筋(ブレーキ筋)です。

 

走り終わって、自分の足が 「がに股」になっている感じがしました。

実際に、太ももをぴったりつけることが困難になってました・・・

2日目になっても、「がに股」感が抜けないので、筋肉の起始部である股関節の奥を押すと

とんでもなく痛いそこで、起始部から丁寧にほぐしていくと・・

「がに股」感が スッと抜けました(笑)実際左右の「太もも」も何時もの位置に戻りました。

 

フルマラソンを走った後に、極度に緊張して凝り固まった大腿筋膜張筋、縫工筋、大腿直筋

をほぐさないと・・・走れば走るほど・・・

 

「がに股」になってしまうかも・・・

 

 

この「がに股」笑い事では済まされません。外側の筋肉に引っ張られて股関節の大腿骨骨頭のはまりが浅くなると、動きが悪くなり 抵抗、摩擦が大きくなると 流れが悪くなり・・

どんどん悪循環を引き起こします。 いずれ痛みが現れてきて・・動きが制限されます。

 

ランナーでなくてもこの現象はおきます。

 

肥満により上半身の重みで大腿骨骨頭がずり上がる現象です。

骨盤を逆三角形と考えると解かりやすいでしょうか。

 

 

女性ランナーの皆さま セルフケアいたしましょうね

 

 

Kumiko fitness
場所:福岡県北九州市八幡東区
電話番号:090-7651-7000

TOP