ブログ

身体の制限…セルフケア整体北九州

心と体の繋がり

2018/01/20 身体の制限…セルフケア整体北九州

人は、身体の自由を制限されると憤りや苦痛を感じます。

 

身体を、ベッドに拘束されると  一気に痴呆の症状が悪化するといいます。

%e3%81%a8%e3%82%8a%e3%81%8b%e3%81%94

それと同じ様に、心を制限されると…どうですか?

 

幼い頃から、「こうあるべき」   「〜でなければならない」  という制限や、「いい子でね」   「可愛いいね」「頭がいいね」など、一見褒め言葉の様に思えますが、実は  その言葉の裏側に「いい子でなければ愛されない」「可愛いから愛される」「頭が良くなければ認めてもらえない」  など  条件付きの愛を 敏感に感じとってしまう場合もあります。

そこに、躾けという名の暴力が加われば最悪です。

 

子どもは、親に愛されなければ 生きていけないので、

必死で 親の期待に応えようと頑張ります。

 

それが、その子の心に、 「制限」を掛け  自由に振る舞うことを  禁じます。

 

「制限」は自由でありたい 心 に憤りと苦痛を与えますが、身体は 心 を守るために 肉体の中に 「憤りと苦痛=葛藤」のエネルギーを しまい込みます。

そして、麻痺させます。 制限は壁にもなり 自分の心を閉じ込め、守ります。

 

やがて、葛藤のエネルギーは肉体の中で熟成され、解放の時が来たら 表に現れてきます。 それが 「腫瘍」であったり、様々な 症状として 現れます。

 

身体はシンボルとしての機能があるので 現れた場所に深い意味があります。

その人にとって、一番解かりやすい、氣づきやすいところです。

 

そもそも、身体は何故そんな システムを創るのか?

 

多分・・「大切な何かに、氣づくため」だと思うのです。その何かはその人にしか解からないことだと思います。

 

氣付くことで 心の制限を外せば、現象としての症状の役割は終わりになります。

 

私は 身体に起きる全ての現象、(症状・ケガは勿論、天変地異までも)は愛のメッセージだと思っています。

 

一番身近な 自分の肉体からの、メッセージを「氣づき、成長のため」の「愛のギフト」として感謝して受け取るのか、怖れと不安と混乱の中で「怖れのギフト」として受け取るのか・・

 

受け取り方次第で、ポジティブエネルギーで肉体を包み込むのか、ネガティブエネルギーで包み込むのか・・ 免疫力、自然治癒力、幸せホルモンは ポジティブエネルギーでより活性化されるのです。

 

エネルギーの方向は、+と- 陰と陽 その2極しかないのです。

どちらの方向を選択するかは 自由意志です。

 

 

 

 

 

Kumiko fitness
場所:福岡県北九州市八幡東区
電話番号:090-7651-7000

TOP